読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家政婦 市川春子の報告のネタバレ結末まとめブログ

漫画「家政婦 市川春子の報告」シリーズのネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想まとめブログ。

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」ネタバレ結末 前半

ベテラン家政婦が見た、豪邸セレブ医師の裏の顔!

このブログでは、「ご近所の悪いうわさシリーズ」の漫画「家政婦 市川春子の報告」シリーズあらすじやネタバレ結末、感想をまとめてご案内しております。

 

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」を前半・後半にわけてご紹介を致します。

前半では好奇心旺盛な家政婦・市川春子がテレビ出演もするイケメン医師の豪邸で、彼の奥様から「監視」を命令されてしまいますが、セレブ夫のとんでもない行為を見てしまい・・・

 

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」の無料試し読み


この漫画は電子コミックで試し読みができます。

link-a.net

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」前半あらすじとネタバレ

イケメン医師宅に派遣される春子

 

『宙 家政婦協会』で待機している家政婦たちが、テレビに出演していた俳優顔負けのイケメン医師・石黒達也の噂で夢中になっていた。

 

「T大医学部出身で、奥さんが医院長の娘」
「末は、彼も石黒病院の医院長」

 

今をときめくセレブなイケメン医師に、もしあんな男性が夫だったら・・・と噂話に花を咲かせていた。

 

「むふふふ」

そこにやってきた市川春子は、仲間たちにいやらしい笑い方をしてみせた。

「実は私、そのイケメン医師宅でお仕事なの!」

妻が海外旅行のため、その間、夫の世話をしてほしいという依頼だった。

 

「イケメンのお世話でふたりっきりなんて、何かあったらどうするの?」とからかわれる春子だったが、「私だってまだ50歳の女盛り。あるように願っているわ」と笑って軽くいなす。

 

奥様から旦那のスパイを依頼される

 

春子は大ベテランの家政婦であり、こうしたセレブ家庭からの仕事は珍しくない。

 

「今度はどんなお宅かしら? 秘密? 何かトラブルが!?」

好奇心旺盛な春子にとって、セレブの家庭不和を知るのはひそかな喜び。

 

奥様に早速会ってみると、これがかなりタカビーな女だった。

「とっくに女を卒業したあなたなら、夫も間違っても手をださないわね」

いくら本当のことでも、面と向かってそう言われれば腹が立つ。

 

そして、奥様は春子に「夫の監視」を言いつけた。

それは家政婦の仕事ではない、と抗議しようとしたものの、「それなりのお手当をはずむ」と言われれば、春子もついヘラヘラしてしまう。

 

噂通りのイケメン夫はアッチのほうも激しく

 

帰ってきた石黒達也は、テレビで見たとおりの超イケメン男性。

 

帰宅早々、ふたりで部屋に閉じこもりアッチのほうも激しい。

春子は耳を澄ませてシギシあんあんを聞き取り、「ははーん。留守の間、夫が浮気しないようにしているのね」と、イケメン夫はきっと女癖が悪いんだろうなあ、と想像する。

案の定浮気のとくダネゲット

 

翌日、夫婦の寝室を掃除すると何やらあやしげな媚薬がおいてあり、春子は興味津々で匂いをかぐ。

奥様が留守の間、案の定、というほどイケメン夫はとっかえひっかえ女を自宅に連れ込んでいた。

 

しかもそのうちひとりは看護師の女で、「妊娠した。産みたい」と相談までしており、春子は盗み聞きしてしっかりメモにとる。

夫は女に妻と離婚して結婚する、と嘘の約束をしていた。

 

だが、奥様は院長の娘で、次期院長の座を狙っている夫が離婚なんかするわけはない。

 

奥様に報告、しかし恐ろしい出来事が・・・

 

海外旅行から帰ってきた奥様に、留守中の出来事を報告する春子。

「看護師と浮気!? しかも妊娠!!」

 

許せない!と憤る奥様は、春子に約束していた手当など頭から消えて夫をすぐに捕まえて締め上げた。

 

「どうして知ったんだ!」

「わたしはなんだってお見通しよ!!」

 

奥様はイケメン夫に「離婚したら石黒病院の院長の座はいらないのね」と脅し、夫は涙を流して謝罪する。

ほんの出来心だった、君を失いたくない、と土下座する夫に対して、奥様は冷たい顔で夫にあることを要求した。

 

「じゃあ、子供をなんとかしなさい」

浮気がバレて追い詰められたイケメン夫は、離婚を回避するために恐ろしいことをたくらんで・・・


「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」前半の感想

 

家政婦は見た!系なお話なんですが、この春子さんは好奇心旺盛すぎて「ちょwww職業倫理的にダメっしょー!!」ツッコミ入れたくなるくらいにスパイというか、夫婦の監視をして余計なクビをつっこんでいます。

あまりにも無邪気なので、いっそ清々しいんですけどね(笑) 

 

しかもかなりのドジっ子で、いきなり高そうな石膏の像を壊して「家政婦の必須アイテム!」と強力接着剤で貼り付けてごまかしたり。いろいろやらかしているのに、まったく悪びれない性格が見ていて楽しいです。

 

今回のお話は大病院のセレブ医師の家庭ですが、夫は婿みたいなもので、病院が欲しくて今の妻と結婚していました。でも女癖が悪くて、まさに手当たり次第、という感じ。

そして自分の立場を守るために、甘い言葉で騙した女性をひどい目に・・・。

 

次回、春子の「聞いちゃった、聞いちゃったーッ!」と悪質な夫婦の犯罪に腹を立てた家政婦のひそかな世直し? 改め「お仕置き」が始まります。

 

>>「悪魔の処方箋」を試し読みする

 

 

後編へつづく。

kaseihu.hatenablog.com

 

広告を非表示にする

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」ネタバレ結末 後半

テレビ出演で憧れの的になっている噂のイケメンセレブ医師・石黒達也の豪邸に、ベテラン家政婦としてやってきた市川春子

甘いマスクのその裏で、次々と女性たちを餌食にしていた石黒は、妻に浮気がバレて大ピンチに。お腹に子供ができた、という浮気相手のひとりが邪魔になり、医師としての知識を使って「恐ろしいこと」を実行します。


まさにそれは『悪魔の処方箋』・・・人を人とも思わないエゴイズムのかたまりのような夫婦に、春子が立ち上がります!

後半は騙されたか弱い女性たちに代わって、家政婦がリベンジ!!な内容です。

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」の無料試し読み


この漫画は電子コミックで試し読みができます。

link-a.net

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」後半あらすじとネタバレ


医師としての知識を悪用する石黒


妻に浮気相手の子供を始末しろ、と迫られて離婚だけは絶対に回避したい石黒はある決意をする。

「わかった。なんとかするよ」

まだ前期の妊娠で、処方箋をごまかして薬を手に入れれば「なかったことにできる」と思っていたのだ。

浮気相手の看護師を自宅に呼んで、石黒は優しく彼女に語りかけた。

「僕が渡したビタミン剤は飲んだ? 
書斎で栄養満点の点滴をしてあげよう。大事な体だからね」

彼の子をみごもって、かわいい赤ちゃんを産んで奥さんになれる・・・看護師は心からそう信じていた。

悲劇!お腹の子は・・・


看護師は石黒の優しい態度に感激し、言われるままに点滴を受け、すっかり安心しきっていた。

「お腹が、お腹が痛い!」

ところが腹部に激痛が走り、血が流れ出す。

トイレの中でお腹の子は、流れていってしまう。

「先生、さっきの点滴に何か悪いものが入っていたんじゃ!?」

「バカなことを言うな!」

点滴を受けてすぐ後に起きた悲劇に、看護師は信じられず涙を流す。

働きすぎて体調が悪かったから、こんなことになってしまった、と石黒は慰めて自分の病院へ行って自ら処置してやった。

悪魔たちへの天誅を決意する家政婦


春子は奥様と浮気相手の修羅場が見られると期待していたのに、いきなり浮気相手が自宅へやってきてしかも流産してしまった出来事を不審に感じていた。

そして石黒夫妻が悪巧みをしている現場をスパイする。

「うまくいったのね」

妻の指示で、石黒は薬を使って、証拠を残さずに浮気相手の子を流産させていたのだった。

「聞いちゃった、聞いちゃったーッ!」

しかも、夫妻は春子にまで薬を盛って証拠隠滅をはかろうとしていた。

「許せない! 悪魔めーーっ! こらしてめてやる!!」

媚薬に接着剤を入れられた夫婦は・・・合体!?


春子が考えた『お仕置き』。それは、彼らがいつも常用している媚薬に『超強力接着剤』を入れてやることだった。

夫婦の寝室に忍び込み、接着剤A液を男用、接着剤B液を女用に仕込んだ春子。



「あとは・・・むふふ! 想像するだけで恐ろしい!!」

浮気相手を始末してご機嫌な奥様はそうとは知らず、いつもの媚薬を塗り込む。

合体後、接着剤の超強力な効果で夫婦は剥がそうにも剥がれない非常事態に!?

そして悪魔のような夫婦は・・・


「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」後半の感想


まさか、家政婦の必須アイテム『超強力接着剤』がこんな使われ方をすることになるなんて思ってもみませんでした。(良い子は真似しちゃだめ!)

女性たちをいいように扱ってきたイケメン夫は、自分を守るために浮気相手との子を犠牲にしますが、しっかり報いを受けました。

春子はもちろん女性がかわいそう、という気持ちもありましたが本気で怒ったのは「体調を崩す薬でも飲ませて」と夫婦が計画しているのを聞いた瞬間ですね。

壁に耳あり障子に目あり、ではありませんが家政婦さんにはすべてが筒抜け! 復讐の瞬間にもピッタリとドアに耳をつけて「やった! 天罰よ!!」というどこまでも悪びれない春子さんが最高です。



こんな好奇心旺盛すぎる家政婦さんは、実際にいたらちょっと困るかも(笑) 

「さあて、この次はどんなお宅かなあ〜」

徹頭徹尾、ゴーイングマイウェイなベテラン家政婦・市川春子。つぎなるセレブ家庭でも、いろいろやらかしてくれそうで楽しみです。


>>「悪魔の処方箋」を試し読みする

 

 

家政婦市川春子シリーズの他作品レビュー

kaseihu.hatenablog.com

広告を非表示にする