読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家政婦 市川春子の報告のネタバレ結末まとめブログ

漫画「家政婦 市川春子の報告」シリーズのネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想まとめブログ。

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」ネタバレ結末 後半

テレビ出演で憧れの的になっている噂のイケメンセレブ医師・石黒達也の豪邸に、ベテラン家政婦としてやってきた市川春子

甘いマスクのその裏で、次々と女性たちを餌食にしていた石黒は、妻に浮気がバレて大ピンチに。お腹に子供ができた、という浮気相手のひとりが邪魔になり、医師としての知識を使って「恐ろしいこと」を実行します。


まさにそれは『悪魔の処方箋』・・・人を人とも思わないエゴイズムのかたまりのような夫婦に、春子が立ち上がります!

後半は騙されたか弱い女性たちに代わって、家政婦がリベンジ!!な内容です。

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」の無料試し読み


この漫画は電子コミックで試し読みができます。

link-a.net

「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」後半あらすじとネタバレ


医師としての知識を悪用する石黒


妻に浮気相手の子供を始末しろ、と迫られて離婚だけは絶対に回避したい石黒はある決意をする。

「わかった。なんとかするよ」

まだ前期の妊娠で、処方箋をごまかして薬を手に入れれば「なかったことにできる」と思っていたのだ。

浮気相手の看護師を自宅に呼んで、石黒は優しく彼女に語りかけた。

「僕が渡したビタミン剤は飲んだ? 
書斎で栄養満点の点滴をしてあげよう。大事な体だからね」

彼の子をみごもって、かわいい赤ちゃんを産んで奥さんになれる・・・看護師は心からそう信じていた。

悲劇!お腹の子は・・・


看護師は石黒の優しい態度に感激し、言われるままに点滴を受け、すっかり安心しきっていた。

「お腹が、お腹が痛い!」

ところが腹部に激痛が走り、血が流れ出す。

トイレの中でお腹の子は、流れていってしまう。

「先生、さっきの点滴に何か悪いものが入っていたんじゃ!?」

「バカなことを言うな!」

点滴を受けてすぐ後に起きた悲劇に、看護師は信じられず涙を流す。

働きすぎて体調が悪かったから、こんなことになってしまった、と石黒は慰めて自分の病院へ行って自ら処置してやった。

悪魔たちへの天誅を決意する家政婦


春子は奥様と浮気相手の修羅場が見られると期待していたのに、いきなり浮気相手が自宅へやってきてしかも流産してしまった出来事を不審に感じていた。

そして石黒夫妻が悪巧みをしている現場をスパイする。

「うまくいったのね」

妻の指示で、石黒は薬を使って、証拠を残さずに浮気相手の子を流産させていたのだった。

「聞いちゃった、聞いちゃったーッ!」

しかも、夫妻は春子にまで薬を盛って証拠隠滅をはかろうとしていた。

「許せない! 悪魔めーーっ! こらしてめてやる!!」

媚薬に接着剤を入れられた夫婦は・・・合体!?


春子が考えた『お仕置き』。それは、彼らがいつも常用している媚薬に『超強力接着剤』を入れてやることだった。

夫婦の寝室に忍び込み、接着剤A液を男用、接着剤B液を女用に仕込んだ春子。



「あとは・・・むふふ! 想像するだけで恐ろしい!!」

浮気相手を始末してご機嫌な奥様はそうとは知らず、いつもの媚薬を塗り込む。

合体後、接着剤の超強力な効果で夫婦は剥がそうにも剥がれない非常事態に!?

そして悪魔のような夫婦は・・・


「悪魔の処方箋〜家政婦 市川春子の報告〜」後半の感想


まさか、家政婦の必須アイテム『超強力接着剤』がこんな使われ方をすることになるなんて思ってもみませんでした。(良い子は真似しちゃだめ!)

女性たちをいいように扱ってきたイケメン夫は、自分を守るために浮気相手との子を犠牲にしますが、しっかり報いを受けました。

春子はもちろん女性がかわいそう、という気持ちもありましたが本気で怒ったのは「体調を崩す薬でも飲ませて」と夫婦が計画しているのを聞いた瞬間ですね。

壁に耳あり障子に目あり、ではありませんが家政婦さんにはすべてが筒抜け! 復讐の瞬間にもピッタリとドアに耳をつけて「やった! 天罰よ!!」というどこまでも悪びれない春子さんが最高です。



こんな好奇心旺盛すぎる家政婦さんは、実際にいたらちょっと困るかも(笑) 

「さあて、この次はどんなお宅かなあ〜」

徹頭徹尾、ゴーイングマイウェイなベテラン家政婦・市川春子。つぎなるセレブ家庭でも、いろいろやらかしてくれそうで楽しみです。


>>「悪魔の処方箋」を試し読みする

 

 

家政婦市川春子シリーズの他作品レビュー

kaseihu.hatenablog.com

広告を非表示にする