読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家政婦 市川春子の報告のネタバレ結末まとめブログ

漫画「家政婦 市川春子の報告」シリーズのネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想まとめブログ。

娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ネタバレ感想 安武わたる

安武わたる先生が描く、昭和の赤線を生きた女たちの悲哀・・・短編漫画集「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」は、やるせない事情により虐げられる女性の物語です。

第一話の「吉原の赤い花」は、名家の令嬢が父親の死をきっかけに女郎にさせられるという、お話。

父を切腹に追い込んだ敵を討つために、女郎に堕ちた女は復讐に燃えて・・・!

>>「娘を売る街」の試し読みはこちら

※まんが王国先行配信作品。ほかでまだ読めませんよー

娘を売る街「吉原の赤い花」のネタバレ

父が罪に陥れられ切腹


片倉加恵は旗本の娘で、結納も済み、まもなく佐々木家に嫁ぐことになっていた。

父の清ェ門は、母が早くに亡くなって以来、ひとり娘をかわいがっており、嫁ぎ先が決まって何か安心したような顔をしていた。

その日、結納が済んだめでたい席で父は「幸せにのう、加恵」とまるで遺言のようにしみじみと告げ、加恵はなにやら嫌な予感がしていた。

その予感は、はからずも当たってしまう。

父がお上の金子の横領の罪で切腹を申し付けられてしまったのだ。

同僚である松坂の訴えで罪に陥れられ、お家は断絶。いいなづけであった佐々木家も、こうなっては知らぬふりを決め込む。

最底辺の女郎に落とされる


加恵はもはや頼るものもなく、父の借金があるから代わりに返済せよ、と迫られて松坂の言いなりにさせられる。

強欲そうな、父を陥れたその男は加恵を力づくで犯し、そのあと最底辺の遊郭へ送られてしまった。

そこは遊郭の中でも最悪の場所で、しかも「なるべく悪いところへ送れ」という松坂の差し金だった。

松坂は何らかの事情で父を恨んでおり、娘である加恵を見せしめに苦しめることで気晴らしをしようというのだった。

覚めない悪夢に死を望む加恵


旗本の娘で清らかな美女として有名だった加恵。

最低の女郎の生活は、まさに生きる悪夢であった。

質の悪い客に無理やり体をいじられ、腐った食事を与えられる日々。

人としての尊厳のかけらもない生活に、加恵は絶望して自ら首を吊ろうとした。

許さない!復讐を誓う加恵


だが、外からふと、声が聞こえた。

それは旗本のもとで働く下人の噂話だった。

松坂の悪事を暴こうとした父は、悪事をでっち上げられて汚名を着せられた挙句、切腹させられたのだ、と知る。

それを聞いた加恵は、死のうとしたことすら忘れて大好きだった父を陥れた松崎を憎む。

父の仇を討つまでは、死ねない。

憎しみと復讐に燃える加恵は、この最底辺の遊郭から女の武器を使ってのしあがり、松崎に復讐しようと動きはじめた。

「吉原の赤い花」の感想


一人娘でかわいがられてきた加恵は、周囲にも評判の美女だったため、自ら女郎としてのしあがると決めてからメキメキとその美しさで望みを叶えていきます。

安武わたる先生は「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」という女郎をヒロインにした人気作があり、女郎ものの物語を描かせたら天下一品、という印象です。

暗くドロドロしがちな女郎物語ですが、安武先生がつくる作品には女性の強さやたくましさが伝わってきて、読後感はすっきりしています。


>>「娘を売る街」の無料試し読み

 

 

こちらの記事もおすすめです

hatujojosiharem.hateblo.jp

広告を非表示にする