読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家政婦 市川春子の報告のネタバレ結末まとめブログ

漫画「家政婦 市川春子の報告」シリーズのネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想まとめブログ。

大奥の秘事作法のネタバレ結末 第三話「夜這い村」川崎三枝子

むかしむかし、日本の貧困な北の村であった「夜這い」という習慣。

川崎三枝子作「まんがグリム童話 大奥の秘事作法」の第三話「夜這い村」は、痩せた土地にしがみつくようにしてほそぼそと暮らす村の娘が、男たちをつなぎとめるためのイケニエにされるゾッとする習慣のお話です。

何も知らなかったさよは、大人の体になってきてある日、両親に食糧と引き換えに差し出されてしまいます。

「まんがグリム童話 大奥の秘事作法」の無料試し読み


この漫画は電子コミックで試し読みができます。

各話読み切りで、全4話収録されています。

link-a.net

「大奥の秘事作法」第三話「夜這い村」あらすじとネタバレ

ある夜、はじまった夜這い


北の山奥にある寒村は、今はもう焦土となって存在しない。

昔、その村では村人のほとんどが男で、女は貧しさから売られていった。女性が存在しない村で、男たちを土地に縛り付けるために、「ある習慣」が受け継がれていたのだ。

「さよもそろそろ、いい娘になった」

両親がさよを見て、まるで熟れた果実を眺めるように意味ありげに話し合っていた。

さよはひそかに村長の息子に憧れていたが、その夜、両親に言われて納屋に寝かされて突然三人の男たちの夜這いにあってしまう。

慰み者になれ、という母親


村長をはじめとする男たちは、「この村のおなごの役目じゃよ」と言って容赦なくさよを襲った。

両親に助けを求めるが、男たちに娘を差し出した代わりに食料をもらってガツガツと食べていた。

翌朝、あまりの痛みに泣くさよに母親は「これからおまえは、おとなしく村の男衆の慰みものになるんだ」と告げた。

貧しく荒れた村で田畑を耕すためには男が必要であり、少ない女の数を補うために夜這いの習慣ができたのだという。

夜這いに反対する村長の息子


「そんなの嫌だ! うちは誰かいい人の嫁さんになる」というさよであったが、母は自分もかつてこの運命を受けいれ、亭主をもったのだという。

嫌がってもさよには拒む力はなく、ボロボロにされて力尽きた。

そして村長の息子・竹造がやってきて「こんな掟は異常だ!」と父に抗議した。そして、こっそりとさよに会いにきて「こんな村を出て、俺と一緒に行こう!」と連れ出してくれる。

ところがすぐに見つかってしまい、竹造は村人の手にかかって命を落としてしまう。

子供ができたさよ


慕っていた竹造を失い、さよは逃げられないようにと足の腱を切られてしまう。傷も癒えないままに男たちがやってきて、絶望するさよ。

ここは地獄だ・・・と死のうとしたさよであったが、お腹に子供ができたことに気づく。そして、赤子さえいれば、この地獄にも耐えて生きていけるかもしれない、と希望をもつ。

逃げて赤子を生み復讐を託す


しかし、両親は男の相手ができなくなるからと、さよの子が流れてしまうように川で腹を殴る。

自分を地獄に落とし、さらには赤子の命まで奪おうとするとは・・・さよは両親と村人たちに憎しみをいだき、歩けない体ではうようにして逃げ出す。

そして洞窟の中で娘を産み、「おまえは大きくなって、この母の恨みを受け継いでおくれ!」と復讐を託した。


第三話「夜這い村」の結末

 
何年もたち、さよの両親は娘がいなくなったせいでひもじい、と恨み言をつぶやいていた。だが、さよによく似た娘が現れて驚く。

「ありがたい!この子を慰みものにすれば、またメシにありつける!!」

だが、さよの娘が村に戻ってきたのは、母を慰みものにした両親と村の男たちへの復讐を果たすためだった。

娘はカマを手に、つぎつぎと村人たちの喉を切り裂いたあと火を放ち・・・


「大奥の秘事作法」第三話の感想


異常な風習がある北の寒村に生まれてしまった、さよの苦しみと恨みを受け継いだ娘。さよはとても哀しい女性でした。

唯一、自分を助けてくれようとした村長の息子・竹造は殺されてしまい、「あの掟さえなければ、おまえはきっと竹造さんの子だったに違いない」と、娘に言い聞かせて育てました。

娘を生かすために、さよは洞窟で必死にサバイバルをして地獄のような日々への恨みを娘が晴らしてくれるように、と願っていたのです。

母の復讐を果たした娘は村を壊滅させて去り、今ではもうその村が存在していた痕跡すらない。救いがあるとすれば、さよの娘がどこかで自由に生きたであろう、ということですね。

閉鎖的な大昔の日本の村の夜這いという風習。廃れてしまってよかったなあ、と思える内容でした。



>>「大奥の秘事作法」を無料試し読みする

 

 

 第四話レビュー

kaseihu.hatenablog.com

広告を非表示にする