読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家政婦 市川春子の報告のネタバレ結末まとめブログ

漫画「家政婦 市川春子の報告」シリーズのネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想まとめブログ。

シェアハウスのセレブ達〜家政婦 市川春子の報告〜ネタバレ 前半

業界で超一流とされる4人のセレブ男女たちが、シェアハウスで暮らす理由とその裏側!!

家政婦として派遣先のセレブ家庭の秘密や、他人に知られたくない裏の顔をのぞき見するのが生きがいなベテラン家政婦・市川春子が、華やかなセレブのドロドロとした関係を暴き出します。

川崎三枝子先生の漫画「シェアハウスのセレブ達〜家政婦 市川春子の報告〜」。

こちらでは、お話を前半・後半に分けてご案内していきます。

「シェアハウスのセレブ達〜家政婦 市川春子の報告」の無料試し読み


この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>「シェアハウスのセレブ達」を試し読みする

 

「シェアハウスのセレブ達〜家政婦 市川春子の報告」前半あらすじとネタバレ


豪邸を4人でシェアして暮らすセレブ男女


市川春子が今回派遣されたのは、テレビで何度も見ているタレントや業界で超一流とされる有名人たちの豪邸。

戦場カメラマンの田辺、オネエキャラで売り出し中の新人タレントの真二、フラワーデザイナーの園木大吾、ヘアーデザイナーの髪山チズ。

「みなさん、超一流の方々・・・」

そうそうたるメンバーに、春子はポーッとしてしまう。

 

セレブがなぜ、シェアハウス?


シェアハウスと言えば、家賃を浮かせるために他人同士で共同生活するもの。

お金に不自由しないセレブたちが、なぜわざわざシェアハウスに暮らすのか。

「一流同士、一人暮らしでは得られない刺激や情報交換もあったりで、有意義なの」

つまり、各業界の一流同士がつながりを持つことで、世間の流行を最先端でつかみ、お互いにウィンウィンの関係を目指している、というのだ。

セレブの共同生活は素敵!


プライベートルームはそれぞれ持ち、リビングで気が向いたらおしゃべりしたり、食事をするというルール。

春子は早速、彼らの生活ぶりを見せてもらうがゴージャスな一流戦場カメラマン・田辺の私室にある、多数のモニターを見せてもらい、「戦地で生き抜く人々の生命の一瞬をカメラに収め、世界中に発信する」という使命感に燃えている話を聞く。

そして、フラワーデザイナーの園木には、バラの庭園の美しさと、そのバラのひとつを仕事をに使いたいという髪山の様子を見て、「なるほど、これがこの人たちのシェアのいいところなのね」と納得する。

新人タレントの真二はモノマネが得意で芸を練習し、セレブたちが仲良く暮らし、知的な会話が飛び交う空間に憧れる。

宙家政婦協会のメンバー


素晴らしいセレブのシェアハウス・・・けれども、春子の生きがいは「好奇心をくすぐる他人の家庭の知られたくないところ」をこっそりのぞき見すること。

「あんたの好奇心をくすぐるものがないじゃん」


見た! 見たわよーってのが」

みんな仲良さ過ぎて、黒いところが何もないし、ちょぴりつまらないと宙家政婦協会のメンバーたちに愚痴る。

大問題発生の予感!?

春子が翌日、セレブ豪邸に行くと、見知らぬ女が半裸でリビングルームで酔って寝ていた。

田辺が連れ込んだガールフレンドだったが、他のセレブたちが物々しい雰囲気で取り囲んでいた。

「ちょっと起きなさいよ、あんた!!」
「困ります、こんなことをされちゃ!!」

彼氏や彼女を部屋に連れ込まない、というルールを破った田辺だったが、みんなから責められても「俺の勝手だ!」と強気だった。

仲良しこよしだったシェアハウスにひと波乱起きそうな気配を感じ、春子は「今後が楽しみだわぁ」と、ニタリと笑う。

シリアスな殺人事件に発展


田辺はその後も反省することなく、つぎつぎに違う女を家に連れ込んでみんなのひんしゅくを買う。

「いい加減にしてよ! 毎晩女連れこんで!!」

「何人連れ込もうと、俺の自由だ!」

みんなで集まって田辺に文句を言うものの、田辺は「うるさい!」と真二を殴り、これからも好き勝手にさせてもらうと発言してはばからない。

「これ以上の身勝手は、許せない」

田辺に憤慨している3人は、共謀してお風呂場で田辺をナイフで刺し、血の海に・・・


「シェアハウスのセレブ達〜家政婦 市川春子の報告」前半の感想


今、流行の『シェアハウス』ですが、セレブたちが豪邸を借りてシェアする、という一風変わった展開。表向きの理由は「お互いに刺激を与え合い、高め合える」というものでしたが、事実はまったく違っていました。

家族同士でも共同生活というのはもめごとが起こるのに、血のつながりがない赤の他人とでは考えつかないようなトラブルも起こります。

セレブ4人は楽しそうに生活しているように見えて、その裏で田辺に「ある弱み」を握られていたのです。さらに、田辺は共同生活のルールを破り、自分勝手にわがままを通そうとしたことで3人のうっぷんが頂点に達し、犯行におよんだと考えられます。

お風呂場が血の海になってしまい、何も知らない春子は「今日はどんな揉めごとが待っているかしら!」とルンルンしながら出勤してきますが・・・。

後半では、殺人を隠そうとするセレブたちと、田辺の裏の顔が暴かれて「家政婦パワー」が炸裂します。

 

>>「シェアハウスのセレブ達」を試し読みする

 

 

後半のレビュー

kaseihu.hatenablog.com

家政婦 市川春子シリーズの他作品レビュー

kaseihu.hatenablog.com

広告を非表示にする